ラベル 電子たばこ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電子たばこ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年7月9日日曜日

glo(グロー) が東京でも発売されたので購入してみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
gloスターターキット
仙台で先行発売されていたglo(グロー)が2017年7月3日から東京でも販売されるようになりました。タバコの販売には流通させるためにはコンビニ販売が必須というのはiQOSで証明されましたが、glo(グロー)も近所のコンビニで販売していたので購入してみました。

いまならキャンペーン価格で¥4,980(定価 ¥8,000)で購入できます。

加熱式タバコのメリット

  • 灰がでない(汚さない)
  • 煙がでない(水蒸気のみ)
  • ニオイが少ない
  • 煙に含まれる有害物質が少ない(?)
と、紙巻きタバコに比べて吸う人だけではなく周りにも不快感を与えることを低減させることができます。

glo

glo(グロー)とiQOS(アイコス)の比較

glo(グロー)は、BAT(ブリティッシュ・アメリカ・タバコ)が販売する加熱式の電子たばこです。専用のネオスティックの銘柄は KENT(ケント) です。

iQOSは、フィリップモリスが販売する加熱式の電子たばこで専用のヒートスティックの銘柄は Marlboro(マルボロ) です。

加熱方式の違い

gloは、専用のネオスティックを360℃全方位均一に加熱する方式で、加熱温度は240℃±5℃とあります。

image

iQOSは専用のヒートスティックを加熱ブレードをに差し込んで中から加熱する方式で、加熱温度は200℃とあります。



外側からか、内側からかと加熱方式は違えど、吸った後の吸い殻はタバコの葉を包んでいる紙は、こんがりときつね色になります。


ヒートスティックとネオスティック

使用時間

1回の使用時間は、glo(グロー)は3分30秒です。そしてiQOSは6分間、若しくは14回吸うことができます。

glo は1回の喫煙時間がiQOSよりも短いですが、チェーンスモークが可能です。iQOSでは次の喫煙まで5分待たなければなりません。

gloは1回の充電で30本ネオスティックが使えるとありますが、iQOSもチャージャーで30回本体の充電が可能です。

メンテナンス

わりと煩わしいのが、クリーニングです。glo(奥)もiQOS(手前)も1箱吸ったら付属のクリーナーでクリーニングをしなければなりません。iQOSでは付属のクリーナーだけではキレイにならないので綿棒を使っています。

gloはネオスティックが細いので綿棒は入らなそうです、、、。

クリーニングキット

コスト

本体価格は、gloの方が後発とあってか安価に設定されています。またiQOSの3,000円OFFキャンペーンに対抗してか、gloは4,980円(3,020円OFF)と同等のキャンペーンを行っていますが、gloは大台割れ価格の 4,980円としています。

また専用タバコは、紙巻きタバコと同じ価格設定でマルボロ(ヒートスティック)は460円、ケント(ネオスティック)は420円です。

glo
iQOS
スターターキット
8,000円
10,980円
専用タバコ
420円
460円


タバコの有害物質の削減

glo も iQOS も、タバコの有害性物質を約90%低減とあります。2社のサイトを読むと、タバコの葉っぱを燃焼させることによって発生する有害物質が、200~300℃ という温度で加熱することによって、煙の中の有害性物質が少なくなっているということらしいです。

gloの煙に含まれている成分は、潤滑剤(多分グリセリン)、ニコチン、香料水とありますから、iQOSも同じだと思われます。

glo の有害性物質に関する表記

紙巻きたばこは約900℃でタバコ葉を燃やし煙を発生。その煙には、7,000種類を超える科学物質が含まれ、うち約100種類が有害性物質とされています。gloは240±5℃で加熱し、ベイパーを発生させます。

image

iQOS の有害性物質に関する表記

紙巻たばこは、たばこ葉を燃やしてニコチンを蒸発させます。煙にはニコチンに加え、数千種類の成分が含まれると言われています。そして、これらの成分の多くが有害だと考えられています。弊社の科学的研究の目標は、紙巻たばこの「喫煙」と比較し、有害性成分の形成を大幅に低減することです。これは、たばこを「燃焼」させずに「加熱」することにより達成できます。これがIQOSで使われているテクノロジーです。紙巻たばこの燃焼温度は最高900℃ですが、IQOSは約200℃と低い温度でたばこを加熱します。たばこは一切燃えません。



マーケティングからみる glo と iQOS

iQOSも gloも プロダクトアウトからだけの観点でのマーケティングミックスだけではなく、マーケットイン(顧客視点)でのマーケティングを行っています、特に先行する iQOS はコミュニケーションでも先行しています。

4P(プロダクトアウト) 4C(マーケットイン)
製品(Product) 顧客価値(Customer Value)
価格(Price) 顧客コスト(Cost)
流通(Place) 利便性(Convinience)
販促(Promotion) コミュニケーション(Comunication)

顧客価値(Customer Value)

加熱式電子たばこは喫煙者に新しい喫煙の体験価値を提供してくれました。またiQOSは、限定カラーや限定カバーなどを提供し、喫煙器具としての保有の楽しさを演出しています。

iQOS with cover

キャップの色を変えてカスタマイズできるというのもそのひとつです。

顧客コスト(Customer Value)

加熱式タバコは、デバイスの購入が必要となります。この初期のハードルを下げるために iQOSは3,000円OFFのキャンペーンを続けています。iQOSは既に300万台が発売され、ユーザー数が200万人と発表されていますので、後発となった glo はそれよりも安い価格設定にせざるを得なかったと思われます。

また4,980円という大台割れのキャンペーン価格にも後発としての価格設定の意気込みがみられます。

利便性(Convinience)

JTの plume の失敗は、オンライン販売限定だったのではないかと思っています。いくらネット通販が当たり前になったとはいえ、タバコのように購買頻度が高いものを送料まで払って購入する気にはなられません。

また喫煙者といえどもたばこに関する情報を積極的に集めているわけでもないので、普段たばこを購入するたばこ屋やコンビニで目にすることがなければ認知もされません。

iQOS のコンビニ販売は戦略的に成功しました。そして顧客にとっての利便性にもつながっています。東京で販売を始めた glo もコンビニ内で専用コーナーを設けて販促をしています。

また品薄状態が続きネットで一時期は高値で売買されていたECサイトでも購入を可能としました。iQOSはコンビニでは本体購入が難しい状態が続いていますが、Amazonでは在庫ありです。同じく glo も Amazon で購入できます。

ともにキャンペーンが適用されず定価での購入となりますが、利便性をとるかコストをとるかは個々人の価値観によります。

コミュニケーション(Comunication)

煙草は購入者を限定するのが難しい商品でしたが、加熱式タバコはデバイス購入後に保証を得るために製品登録をするので顧客を認知することができます。またiQOS は、パックコードで景品があたる仕組みよって定期的なサイト訪問が見込まれます。これは煙草販売会社にとっては大きなマーケティング価値です。

そして、iQOSはLINEと提携して新たなサービス提供も始めています。

image
実際にパックコードを登録してみましたが、ログインも不要で吸った後にスマホから登録できるので便利です。
iQOS x LINE

glo もLINEの公式アカウントがありますが、顧客とのコミュニケーションと利便性をどのように高めていくかというのはこれからでしょうか。

最後に

周りの人への不快感が少なくなったというのは、喫煙者の視点です。匂いが少ないといっても非喫煙者にとっては不快な匂いであり、また受動喫煙による健康被害がゼロになったわけではありません。

加熱式タバコもマナーを守って喫煙可能場所で嗜みたいものです。

最後にiQOSとgloの展開時期について記載しておきます。
iQOS
  • 2014年11月 名古屋で限定販売
  • 2015年9月 12都道府県で販売
  • 2016年4月 全国販売開始
glo
  • 2016年12月 仙台で限定販売
  • 2017年7月 宮城、大阪、東京で発売
  • 2017年中 全国展開(予定)

2017年6月30日金曜日

FLEVO(フレヴォ)をポケットの中に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
FLEVO Starter Kit
コンビニで目についた FLEVO(フレヴォ)を購入してみました。これがeGO-CE4, eGO-AIOに続いて3本目のVAPEになります。FLEVO(フレヴォ)は、DMM.com が販売するカートリッジ式の電子タバコです。2016年12月の発売ですが、2017年4月からコンビニでも買えるようになったようです。

コンビニでのタバコ系嗜好品の販売は、流通(Place)、 販促(Promotion)を考える上で重要な施策であることは、iQOS(アイコス)と Ploom(プルーム)でみた場合にも明らかです。どれだけ、製品(Product)と 価格(Price)で優れていても、流通と販促が伴わなければ 商品としての価値はありません。

ローソンのアニュアルレポートコンビニでのタバコの売り上げ比率は、24.3%(2015年度)とあります。喫煙者がコンビニでタバコを購入するという行動を考えれば、販売だけでなく、関連商品(新商品)の販促としても、コンビニは、最適な場所なのです。そしてコンビニにとってもタバコの消費量が下落するなかでは、タバコを買いにくるお客様に次なる商品を選んでもらわなければなりません。

FLEVO(フレヴォ)スターターキット

スターターキットの同梱内容は、バッテリー×1、フレーバーカートリッジ×2(メンソール・タバコフレーバー)、USBアダプタです。カラーには、 FLEVO スターターキット [ホワイト]FLEVO スターターキット [ブラック]があります。


FLEVO(フレヴォ)は、カートリッジ交換方式なので、リキッドの注入、タンク洗浄、コイル交換などの煩わしさがなく超お手軽です。また液漏れの心配もなく、スリムなボディのためポケットに突っ込んで持ち歩けます。

交換カートリッジには、タバコフレーバー、メンソールフレーバー、ビタミンベリーの3種類があり、スターターキットには、タバコフレバーとメンソールフレバーが付いていました。ビタミンベリーは試していませんが、メンソールの方が自分好みでしたので、交換用カートリッジは、FLEVO フレーバーカートリッジ メンソール [ホワイト]を購入。

交換用フレバーカートリッジ(メンソール)
*交換用フレバーカートリッジにもホワイトとブラックがあるので購入時には注意を。


スターターキットの価格が 980円(税別)と安いのと、スリムなボディとカートリッジを交換すればよいというお手軽さは、VAPE入門機として最適です。

カートリッジは使い捨てで1本で240回吸えるとあります。1日に5回程度、1回は5-6服で1週間でカートリッジ交換といった感じです。満充電でカートリッジ1本というのがわかりやすいのにと思いますが、カートリッジ交換の前に充電が必要となります。

《使用可能回数》
バッテリー:約200回(満充電時)
フレーバーカートリッジ:約240回(1回の吸気量を35mlとした場合(ISO方式))

充電時間は、1.5時間 - 2時間とあります。カートリッジを外しいて専用のUSBアダプターに付け替えて充電します。

FLEVO 充電器

FLEVO(フレヴォ)のメリットは

FLEVOもニコチンは含まれていないので、吸った満足感を得るためには煙量とリキッドが重要ですが、eGO と比べて物足りなさは否めません。しかし、手軽に持ち歩けるサイズ、リキッドの注入不要など手軽さでは勝っています。

外出時にポケットに突っ込んで、iQOSの合間に吸うのには最適です。eGO AIO もリキッドが漏れないとはいえ、持ち歩くには少々大きすぎますし、煙量の多さは他人の迷惑にもなりかねません。

電子タバコ比較

FLEVO(フレヴォ)は、メインで使うには物足りませんが、コンパクトでメンテナンスフリー、そしてコンビニで買える手軽さというメリットがあります。iQOSの本数を減らすために合間にフレヴォを使う、口寂しさを紛らわすためにフレヴォを吸うという利用には向いていると思います。


2017年3月21日火曜日

eGo AIO の煙に魅せられて

このエントリーをはてなブックマークに追加
eGo AIO スターターキット
eGo-CE4 をここ数年愛用していたのですが、Joyetech eGo AIO(読み方は、イーゴ アイオ) の方が煙量が多いと聞いてこちらを購入してみました。  
 
Joyetech eGo AIO スターターキットには下記が含まれています。日本語の説明書は付属していなかったので、eGo AIO - Joyetech を参考に eGo AIO の使い方を記載しておきます。

  • eGo AIOバッテリー(アトマイザータンク一体型・1,500mAh)×1
  • USB充電ケーブル ×1
  • eGo AIOヘッド(0.6Ω)×2
  • eGo AIOマウスピース(吸い口)x2種類
Joyetech eGo AIO スターターキット には、リキッドは付属されていないので別途購入が必要です。 リキッドは、
電子タバコが燻らす煙の光と影 ~ リキッドの選び方 ~ でも記載していますが、こちらのリキッドがおススメです。


eGo AIO の使い方

eGo AIO は、下図のパーツで構成されています。

eGo AIO コンフィグ

マウスピースは、中がらせん状でリキッドが直接口に入るのを防ぐ構造になっています。

eGo AIO マウスピース

しかし、予備のマウスピースはストレートタイプで、これよりも少し長いタイプです。

交換品も販売されていますが、Amazonで販売されているものは滅茶コスパが悪いので、購入されるのであれば楽天市場をお勧めします。


アトマイザー ヘッドの装着

購入時はアトマイザーベースにヘッドは装着されていないので、使用前にアトマイザーヘッドを装着する必要があります。

アトマイザーキャプはチャイルドロック方式となっているので、外す時も閉めるときにもキャップを押し下げながら回します。

eGo AIO アトマイザーキャップの外し方

ヘッドの装着前に空焚き防止のためにヘッドの中にリキッドを数滴垂らします。

eGo AIO 空焚き防止

アトマイザーベースにヘッドを装着するとこんな感じです。

eGo AIO アトマイザーヘッドの装着

アトマイザーヘッドは消耗品です。吸ったときに焦げ臭さを感じたら交換しましょう。アトマイザーヘッドの抵抗値は 0.6Ω が標準品です。


リキッドはアトマイザーキャップを外して注入します。アトマイザーヘッドがリキッドの中に入るので、本体にあるMAXライン以上にはリキッドを注入しないでください。

eGo AIO リキッドMAXライン


吸うときは、ボタンを押しながらです。

ボタンを押してもタンク内のランプが光らない場合は、電源がOFFになっています。

電源のON/OFFには、ボタンを素早く5回押します。ライトが5回点滅したら完了です。

eGo AIO の小技(点灯色の変更)

電源がOFFの状態で、ボタンを長押しすると現在選択している色で表示灯が点灯します。ボタンを押すと 赤、黄、緑、青、藍、白、紫 と切り替わりますので、気に入った色のところで暫く待って消灯したら選択完了です。

eGo AIO colors

空気流入量の調整

アトマイザーキャップのリングを時計回りまたは反時計回りに回すと空気の流入量が調整できます。リングを回して吸い心地を調整してください。

下図の両方のマークが一致する場所で空気流入量が最大となります(下図、Large Air Inlet)。左または右に90度回転すると、空気流入量は最小になります。

eGo AIO 空気流入量の調整方法

eGo CE4 vs eGo AIO

eGo AIO vs eGo CE4
eGo CE4 に比べると eGo AIO は、圧倒的な爆煙量でエクトプラズムなみです。もはや煙を燻らせるという領域を遥かに超え、周りの人に煙たがれるかもしれません(笑。

その分リキッド消費量も多いですが、、、。

また本体を横にしてもリキッドが漏れることもありません。

さらに eGo CE4 では特殊な充電器が必要でしたが、eGo AIO は Micro USB で充電できるようになり利便性も向上しています。

eGo AIO には、大容量タンク(2ml⇒4ml)、10ホールの調節可能エアフロー、リキッド注入方式などが改善された上位機種の Joyetech eGo AIO PRO があります。


しかし、実売価格で倍以上の開きがあるので、実売価格での差があるので(2017年6月現在、eGo AIO PROが主流となり価格差が縮小)、リキッド式の電子たばこを購入するのであれば eGo-AIO がおススメです。

2016年2月8日月曜日

電子タバコが燻らす煙の光と影 ~ リキッドの選び方 ~

このエントリーをはてなブックマークに追加
BI-SO

ゴールドマン・サックスが2013年8月に発表した「8つの創造的破壊」分野のひとつが電子タバコでした。いま電子タバコは世界的に広く普及してきています。少し前の資料になりますが、Vaping takes off as e-cigarette sales break through $6bn - Telegraph によると、2017年には世界で100億ドルの市場になると予想されています。

Vaping takes off as e-cigarette sales break through $6bn

リキッド式の電子タバコ

日本では、JTやフィリップモリスの加熱式タバコが販売されていますが、欧米で普及している電子たばこは、Vape (ベイプ)と呼ばれる、リキッドを加熱して蒸気にして吸うタイプです。リキッド式の電子たばこを吸うことは Vaping といいます。日本でもVape(ベイプ)ということもありますが、一般的には電子たばこです。ちなみにWHO(世界保健機関)では、Electronic nicotine delivery systems(ENDS):電子ニコチン伝送システムと表記されています。

VAPEをcollins(英語辞書)で調べると
to inhale nicotine vapour (from an electronic cigarette)
電子タバコでニコチンの蒸気を吸うこと
とあります。

Googleトレンドで検索ワードとして Vapeというワードが使われるようになったのは、2013年頃からです。

また WF-DallasMarch2014.ppt - E-Cigarette Politics によれば、米国では2021年に販売額で、2023年には販売数でタバコを電子たばこが上回ると予想されています。

WF-DallasMarch2014

欧米での電子タバコの普及は、紙タバコの高価格が要因のひとつと考えられるため、日本でもタバコの価格の上昇にともなって広く普及していくかもしれません。しかし、日本ではニコチンを含むリキッドの販売は薬事法で認められていません。

電子たばこの有害性

電子タバコの煙と戯れる(eGO-CE4) | 象と散歩 でも電子たばこの有害性について触れていましたが、2015年5月21日に厚生労働省から電子たばこの蒸気に発がん性物質の「ホルムアルデヒド」が、通常のたばこよりも多く検出されたいう発表がありました。電子たばこの蒸気に含まれる有害物質の詳細については、電子タバコ蒸気に含まれる有害化学成分にあります。また 電子たばこは普通のたばこより発がん性高い、ホルムアルデヒド悪影響、有力医学誌で警告|welq [ウェルク] には、ホルムアルデヒドの発生原因が記載されています。
電子たばこの蒸気を作り出す過程で、ホルムアルデヒドを含むヘミアセタールが形成される。電子たばこのリキッドを蒸気に変えるために電圧をかけることで発熱し、プロピレングリコールとグリセリンが酸素のあるところで熱せられる時に起きる。電圧が低い場合(3.3V)にはホルムアルデヒドを放出する物質は形成されなかったが、電圧が高い(5V)とホルムアルデヒド放出物質が検出された。
厚生労働省の発表では国内で流通する9銘柄中4銘柄で高い濃度の発がん物質が検出されたとありましたが、具体的な銘柄についての発表はありません。しかし、粗悪なリキッドが国内で流通しているということは認識した方がよさそうです。

上記の電子たばこの有害性についてまとめると、

国内で入手可能な子たばこのリキッドには粗悪なものがある。リキッドの成分であるプロピレングリコールとグリセリンが高温で熱せられると発がん性の高いホルムアルデヒドが形成され、アトマイザーが焦げているときには特にその濃度が高くなる。

ということになります。つまり電子たばこを利用する上では下記の注意が必要だということです。

  • 粗悪品のリキッドは購入しない
  • 電子たばこの電圧が5V以下のものを利用する
  • アトマイザーはこまめに交換する

電子たばこのリキッドを選ぶ

日本ではリキッドタイプの電子タバコに対する規制がありませんが、電子煙草の表記の統一や安全管理や技術の向上などを目指して2010年に JECIA 一般電子たばこ工業会 が設立されています(詳細は 一般電子たばこ工業会|電子煙草 を参照)。

電子たばこのリキッドを購入するときには、上記の一般電子たばこ工業会に参加している企業、もしくは安全性が担保されているものを選びましょう。

最近、愛用している 電子タバコ リキッド ハイパーメンソール BI-SO Liquid 15ml は、国産ブランドでニコチン、ジエチレングレコール、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドが未検出であるとの検査書を掲載しています。また主成分のプロピレングリコールと植物性グリセリン、そしてハッカ成分は国産品です。吸ってみると清涼感のあるしっかりとしたハッカ味の煙を楽しめます。


eGo-CE4 を使い続けている理由

電子タバコの煙と戯れる(eGO-CE4) | 象と散歩 を書いたのが2014年4月なので、eGo-CE4を使い始めてから2年近くが経ちます。eGO-CE4はシンプルな構造でバッテリー部分とリキッドを入れるタンクとリキッドを熱して蒸気を発生させるアトマイザーとの二つのパーツで構成されています。eGo-CE4のカタログ上の電圧は3.3V-4.2Vなので、ホルムアルデヒドの発生は抑えられていると考えられます。

バッテリー部
ego-ce4バッテリ

アトマイザー部
ego-ce4アトマイザ

バッテリーもアトマイザーも消耗品で交換が必要ですが、eGo-CE4は広く普及しているので消耗品の入手も簡単で価格も安価です。また十分に煙を燻らせることもできるので、他の製品に切り替えることなく使っています。

バッテリー

バッテリーは、300回まで充電可能とありますが、1年8か月で交換しました。


こちらはメタル タイプのバッテリーです。


また通常は650mAのタイプですが、1100mAの大容量バッテリーもあります。

アトマイザー

アトマイザーの交換時期も利用頻度によりますが、
  • 煙の量が減ってきた
  • 吸うと焦げた味がする
  • タンクにひびが入る
  • リキッドが漏れる
などの症状がでたら交換が必要です。電子たばこの有害性でアトマイザーが焦げているとホルムアルデヒドの濃度が高くなるともあるので、焦げ臭くなったら早めに交換しましょう。

充電ケーブル

下記の充電器はeGo-CE4でも使えるUSB急速充電器です。

eGo-CE4とiQOSで電子たばこライフを始めよう

タバコは成人として、その有害性を認識した上で個人で楽しむのであればいいのですが、周りの人にも匂いや副流煙で迷惑をかけてしまうことがあります。

フィリップモリスが昨年発売したiQOS(アイコス)は加熱式のタバコで有害物質も匂いも軽減されています。iQOSは紙タバコの代替品となり得るものですが、吐き出される蒸気の量は少なく、煙を燻らせるという楽しみに欠けています。一方、eGo-CE4は十分に煙とフレバーを楽しむことができますが、ニコチンは含まれていません。

タバコをやめられないけど、周りの人や家族を気遣うのであればeGo-CE4とiQOSの両輪で電子たばこライフを楽しまれてはいかがでしょうか。

eGo-CE4を始めるのであれば、一式がセットになった 電子タバコ eGo -CE4 スターターキット【並行輸入品】が便利です。


もっとお手軽に始めるのであれば、下記からでもいいかもしれませんが、バッテリーの充電には3時間かかりますので、予備バッテリーがあった方が便利です。


電子タバコ入門用 ego-ce4 お手軽キットを選んだ場合は、リキッド補充用ボトル の購入をおススメします。下の写真は リキッド補充用ボトル とBI-SOハイパーメンソールとの先端部を比較していますが、細く長い先端の リキッド補充用ボトル は、リキッド補充が簡単にできます。

BI-SO先端


その他、eGo-CE4の使い方については、電子タバコの煙と戯れる(eGO-CE4) | 象と散歩 を参照してください。

2017.03追記
現在、愛用している Joyetech eGo AIO (読み方:イーゴ アイオ)の方が圧倒的な爆煙量でエクトプラズムなみです。値段も実売価格で¥2,000 前後です。いまいまで購入を検討されるのであれば、こちらも参考にしてみてください。
eGo AIO の煙に魅せられて | 象と散歩


 
"));