2017年1月4日水曜日

Windows10 標準メールアプリでYahoo!メールを設定する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Surface Pro4 を購入したので、メールの送受信は、Window10 の標準メールアプリを使おうと各種メールアカウントの設定をしてみました。MSアカウント(live.com)、Gmail、iCloud は、アカウントの選択から簡単に設定できましたが、Yahoo!メールだけが ”詳細設定” からでないとうまくいきませんでした。

ググってみても明快な答えがなかったので、Window10 標準メールアプリでの Yahoo!メールの設定について記しておきます。

”Yahoo! メール” では Yahoo!メールの設定ができない

Windows10 の標準メールアプリにはアカウントの設定に ”Yahoo! メール” という項目がありますが、これを使って設定しても ”Yahoo!アカウントの設定が最新ではありません” とエラーになってしまいます。

image

yahoo.co.jpには対応していないの?と、 次に ”その他のアカウント” で設定しましたが、こちらでもメールの同期ができません。

image

アカウントの選択から ”Yahoo!メール”、”その他のアカウント” の何れを選択しても下図のように、「アカウントは正常にセットアップされました。」となるのですが、

image

下図のように Windows10 標準メールアプリで、同期のアイコンをクリックしても、いつまでたっても同期されず、結局、”Yahoo!アカウントの設定が最新ではありません”とエラーになってしまいます。

image

Yahoo!メールは詳細設定から、でも POP はダメ

それならと、詳細設定からYahoo!メールの設定をしてみました。
image

詳細設定をクリックしてインターネットメールを選択します。

image

次の画面で各項目に値を入力していきます。

image

各項目の説明

下表に一覧を記します。

・ユーザー名
Yahoo!メールのメールアドレス若しくは Yahoo! JAPAN ID の何れかを入力します。

・この名前を使用してメッセージを送信
メール送信者名となりますので、自分の名前を入力します。

・アカウント名
メールアプリで表示されるアカウント名で、下記の ”Yahoo!” の部分になります。自分が識別できる名前であれば何でもかまいません。

image

項目名 説明
メールアドレス Yahoo!メールのアドレス
(xxx@yahoo.co.jp)
ユーザー名 Yahoo!メールのアドレス
(xxx@yahoo.co.jp)
パスワード Yahoo!メールのパスワード
アカウント名 メールソフトでの表示名
(Yahoo!)
この名前を… 自分の名前
受信メール サーバー imap.mail.yahoo.co.jp
アカウントの種類 IMAP4
メールの送信… smtp.mail.yahoo.co.jp

・受信メール サーバー
Yahoo!メールのIMAP4サーバーのアドレスを設定します。
imap.mail.yahoo.co.jp
・アカウントの種類
”IMAP4”を選択します。

・メールの送信(SMTP)サーバ
Yahoo!メールのSMTPサーバーのアドレスを設定します。
smtp.mail.yahoo.co.jp

その他のチェック項目はすべてチェックをしたままにしておきます。

image

設定を完了するとYahoo!メールの同期が始まります。

POPで設定すると、、、

Yahoo!メールではPOPも使えるのですが、POP(pop.mail.yahoo.co.jp)で設定すると、Yahoo!メール上のフォルダと同期がされないために、迷惑メールフォルダーに振り分けられているスパムメールまで受信トレイに入ってきてしまいます。SPAMメールの多さに改めて驚きです。

image

ってことで、Yahoo!メールを設定るするときは IMAP4 で設定しましょう。

余談・・これからのモバイルPCに求められるもの

Surface Pro を使っています。使いやすくてとてもよいモバイルノートPCです。ひとつだけ残念なのは、駆動時間です。カタログ値では9時間ですが、実際に使っていると、バッテリーの老化もありますが、5-6時間ぐらいです。モバイルノートPCで電源を持ち歩かなくてはならないというのは最悪です。最新版の Surface Pro の駆動時間は1.5倍増加され、13.5時間となっているので、1日使えるモバイルノートPCとなっているのかもしれません。

モバイルノートPCとしての
  • 軽くて薄い
  • 駆動時間が長い
というのは当然ですが、
  • 画面タッチができる
  • ペンが使える
というのも外せない条件です。画面サイズが小さめなモバイルノートPCでは、スマホで慣れている画面タッチとピンチイン、ピンチアウトは必須条件だと思います。また使ってみるとかなり便利なのが、ペン機能です。Surface Proにもタッチペンがついていますが、ドキュメントチェックやラフアイデア、マインドマップを描くときなどに重宝しています。入力デバイスとして手書き入力としては利用していませんが、いちど使ったら手放せません。

Yoga Book with Windows

画面タッチもできペンも使える Windows モバイルノートPCが Yoga Book です。10インチなのとMicrosft Officeがモバイル版ということでメインPCとしては使えないかと思い、Surface Pro3 から Surface Pro4 に買い替えましたが、未だに Yoga Book は気になっています。

ピンチイン・ピンチアウトができれば俯瞰はできませんが、必要な個所は直ぐに拡大して確認できますし、Surface RT時代はオフィスモバイルで資料作成などをしていたことを考えれば、この値段でこの機能は捨てがたいモバイルノートPCです。

またペンも使え、手書きノートと連動してデジタル入力することができます。

Lenovo Yoga Book Windows

不安点はキーボードでしたが、フラットなキーボードも触ってみた感じでは慣れの問題だと思います。

Lenovo Yoga Book Windows

セカンドPCにと考えましたが、スマホ、タブレットがあれば現状では活躍の場もないかと思い買い控えましたが、iPad、Surface と別れを告げるときにまた検討したいと思っています。


Yoga Book は、Lenovo公式オンラインストア からも購入できます。

関連記事


コメントを投稿